名刺サイズキーボードオンリーイベント「meishi展」に出すために作ったキーボード

実用に使うよりは、展示に出すのが目的なので、できる限りの技術を駆使して自作割合を増やすのにこだわった。

回路としては、キー数が少ないので、全部のキーをGPIOにつないだ。

部品は全部スルーホール部品で作った。

まず、PCBはCNCミルで削って作った。

名刺のサイズは決まっていて、このサイズに収めるために、 縦のキーピッチを削って確保した。

片面基板でジャンパ無しで配線すべく回路を工夫した。

キーキャップは、3Dプリンタで作るのを考えたが、 できがイマイチだったので、レーザーカッターでステム部分を作り、 上にキートップを接着してつけた。

素材はMDFだが、ステムはプラスチックの方が強度がそう。

時間がなくてケースは付けないつもりだったが、 とりあえず、一枚の板に、基板に穴をあけた所に大きめの穴をあけたものを用意して、ぴったりはめる事にした。 これは実は最薄のケースとしていいのかもしれない。

ソフトウエアはVUSBベースのQMKファームウエアを作った。 分割はサポートしていなかったので、 i2cを参考に、通信プロトコルを自作した。