PCにつないでCPU使用率、メモリ使用率などを表示するメーター

格安の電圧計を見つけたので作ってみた。

ケースはMDFをレーザーカッターで加工して作った。

メータは元は100V交流用であった。 内部ではメータ本体に抵抗が直列に接続してあったので、 抵抗値を小さい物に変更した。これで0Vから3.xVの間のメーターになった。

ArduinoのPWMで制御している、微調整はArduino側で行ってる。

PCとの接続はArduino標準のシリアル、 PC側のスクリプトが数字3つの組をデバイスに送信し続けている。