スタックできる基板群

# 2015 # AVR # I2C

各種センサーを買ってきていじってたけど、 毎回PCとのインターフェースを作るのが面倒になってきた。

そんな時、rerofumiさんのつみょんを見て、 これいいな、と思ったのがはじまり。 ただ、通信はi2cメインにしようと思った。

そこで、i2c-tiny-usbというアダプタを作り、 それを使いまわす事を考えた。 このアダプタはLinuxカーネルに直接ドライバが入っていて、 /dev/i2c-xxxに繋ってるという優れもの。

あんまり積みすぎると、プルアップが大きくなりすぎたり、 アドレスが衝突したりして、通信できなくなる。

直接RaspberryPiのi2cバスを変換する基板も作った。